キャッシング契約先の検討方法!審査に柔軟なことが重要!

銀行や消費者金融でキャッシング契約する際、必ず審査を受けることになります。しかしながら、契約できる割合は大手消費者金融でも約40%台高いものではありません。そのため、審査が通過し易いかどうか気になるものの、審査が甘いというキャッシング契約は基本的にありません。

甘いかどうかではなく、申込者の実状を含めた審査が行われることが審査通過率に影響してきます。

例えば、申し込み情報からのスコアリング判定は機械的なものであり、限られた情報しかありません。機械的に判定され、条件に見合わない申し込みは審査落ちとなり、厳しい審査となります。しかしながら、申し込み時の記載情報が多いほど、より審査精度が高まり、審査通過のチャンスになります。また、本審査は窓口というケースもヒアリングにより、最終的に判断がされることになります。

審査時の手続きが手間というのは、審査が厳しいというよりも柔軟性があると言えます。